手軽に顔の印象を変えよう!カラコンで理想の自分になる

ファッションアイテムで自分を飾ろう

安全に利用するために

傘をさす女性

カラコンの購入に踏み切れない方の多くは、カラコンについて危険なイメージを持っているのではないでしょうか。
確かにカラコンが流行しだした当時はカラコンに対する規制などが行われていなかったので、有害な着色料が使われていることが多々ありました。それを目という敏感な箇所に入れるので、どうしても危険度が高いイメージがぬぐえないということもあるでしょう。
ただ、2009年にはカラコンも医薬品医療機器法の対象になったので、現在発売されているカラコンに関しては医薬品と同じくらい厳しい検査を乗り越えて製造されています。健康被害は一切ありませんので、老若男女問わず人気になっているのです。

安全性が確立されてからというもの、カラコン人気はどんどん高まる一方ですが、正しい着用方法を知っておかなければ思わぬ危険が訪れる場合があります。人気のカラコンを使用する際は、必ず正しい着用方法を知っておきましょう。
最初に気をつけていただきたいのは、しっかり手を洗うことです。手に細菌がついているとトラブルの原因になりますので、必ず石鹸で手を洗いましょう。目にゴミが入っている場合はカラコンの装着前に取り除いておくことも重要です。
装着の際は、裏表にも注意しましょう。意外とカラコンの裏表を間違えてしまう方は多く、間違えた方向で入れてしまうと眼球を傷つけてしまう恐れがあります。表裏の見分け方は説明書などに記載されていますので、必ず目を通しておきましょう。
最後に、カラコンの着用時間に気をつけましょう。カラコンにも普通のコンタクトのように使用時間がありますので、その使用時間は厳守しましょう。本来の使用時間を超えてまで着用するのは様々な危険が伴います。目安は6~10時間といわれていますので、目を休む時間をとってあげるようにしましょう。

ページのトップへ戻る